マネー・政治・経済

天皇の生前退位

タグ:
マネー・政治・経済 

15ページ

天皇の生前退位の諸問題を書き綴る。

〔*<国民は陛下の生前退位容認>〕 1 / 15 ページ

国民は生前退位を容認し、今の天皇に限った対応ではなく、恒久的な制度を求める。 今の天皇に限って認めるとする国民は2割に満たない。  天皇の地位は憲法では、「国民の総意に基づく」とある。 第一条[1] 天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であって、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。 国民の大半が納得できる結論にて、この問題を解決しなければならない。 天皇陛下の意向を尊重して生前退位等を進めれば、天皇の政治的言動を禁じる憲法に抵触することになる。  皇室典範には時間と労力がいるが、国民の8割方の支持がある以上正面から取り組むべきである。 政府内には時間を節約する意味で、皇室典範を触らず、一代限りの特例法でこの場を凌ごうとする動きがある。 生前退位問題と併せて、女性天皇などの問題も同時に検討すべきである。