コミュニケーション

死者と仏事

タグ:
コミュニケーション 

10ページ

人が亡くなると、どうしてお葬式をするのだろう。死んだ人は其の後どうなるのか。私たちには分らないことがありますが、和尚さんの法話から謎が解明されることと思います。

死者と仏事 11 / 10 ページ

死者と仏事というお話でございますが、皆様方は仏教に縁のある方々だと思いますで、
こういうものだと充分お分かりになっていただいているわけですけれども、仏縁にご縁
の無い、ほとんどそういうご縁の無い人だと思うのです。

仏教に触れるのはお葬式、それから自分の家の年忌の法要。
或るはお寺で営むお盆に施餓鬼に出席したりというふうな程度で、それだけしか経験な
さらない方は、結局仏教というものはお葬式と法要という儀式ですね。
そして僧侶というのはその執行員で、仏教というのはただたんに死者を扱うそういうも
のだというふうにしかお考えになっていない人が少なくないと思うのです。

和尚さんは、寺に生まれましたけれども、学校で学ぶ仏教学というものを学ぶまではそ
ういう感じだったそうです。仏教というのは、葬式と法要だと。儀式なんだと。
その儀式に立ち会うのが坊さんなんだというような考えしか持っていなかったそうで
す。
ですからそういう方はいらっしゃると思うのです。とくに在家の方はそういう方は多い
と思うのです。
然し、そういう儀式は儀式ですけれども、それはたんなる儀式ではないと、それには重
大な意味があるんだということです。

そこで私たちが、人が亡くなりますと、一番先に行われますのが枕経なんですが、この
枕経というのはほんとうは早いほどいいのですが、然し現在ではそうはいかないです
ね。第一、自分のお家で亡くなる方が少なくなってきていますね。病院で亡くなります
から。病院で枕経を、という方はめったにいませんから。

それで病院で亡くなって、時間をかけてお家へきて、そしてお家でまた時間をとります
ね。それからお寺へ連絡をとる。ですから亡くなってから枕経まで何時間か経過してい
ますから、だからもう二時間であろうが五時間であろうが五十歩百歩で、いまさらもう
急いでもしょうがないと思います。
だから早くとも遅くともかまわないと思うのですけれども。とくに夜中に亡くなったと
いう方はお寺へ連絡するにも気遣いなさって、翌朝にする。それでもまあせいぜい七時
ですね。

昔はそうじゃなかったんですね。仏教も純粋でしたし信じる人も本気で信じたですね、
坊さんの教えをね。
そしてお寺と檀家さんと近いですね、昔はまずは機動力がありませんから歩いて連絡を
とりますね。ですから今日のように遠いところのお寺と関係を持っているということは、

まずはないと思うのです。

昔、幕府から檀家制度を決められたときでも、なにかのことで連絡をとりやすいように
と、いちばん便利な近いところを選んでると思うんです。
そういう制度ができる以前からやっぱり近いお寺と繋がりができてたと思うのです。
一箇所に一寺があってそこにみなが繋がっているということで、そういうことで昔は亡
くなったら即座に、夜中であろうがなんであろうがそれが常識だったそうです。

このお話をして下さった和尚さんは大正時代の生まれですが、子供の頃は電話もな

いので、ちょうちんを持って夜道を迎えに来たという記憶があるそうです。
昔は遠慮もなかったし、そういうのは当然だと思ってたそうです。ま、現在はそういう
のも時間も経過してなくなってますけどね。

ほんとうは死んでからではなくて、これから今、死んでいくというときに、お経なりお
念仏なりを聞かせてもらわないといかんのだそうです。