コミュニケーション

恩を仇で返す 

タグ:
コミュニケーション 

8ページ

恩を仇で返すという言葉がございますね。
恩を受けた人を敵対するというのか、恩を返さないという意味が主だろうと思いますけ
れども、兎に角、恩を仇で返すと。

恩を仇で返す 11 / 8 ページ

恩を仇で返すという言葉がございますね。
恩を受けた人を敵対するというのか、恩を返さないという意味が主だろうと思いますけ
れども、兎に角、恩を仇で返すと。
これはもう仏の道は勿論のこと、人の道から申しましてもあってはならんことなんで、
仏教からいうと大きな業になると思いますね。

和尚さんの子供の頃に、和尚さんのお父様は夕食のときに、いろんな話をしてくれた
そうです。
こんなことを聞いたとか、夕刊にはこういうことが出ていると。
それをまた和尚さんは聞くのが楽しみだったそうです。

お父様から話を聞くと、それからどうした、それからどうなったと。
そのときの話の一つに、これは事実の話なんですが、或る人が、なんとかしてお金を儲
けたいというのか、成功したいというのかそんなことでしょう。

お稲荷さんに願をかけて、願いを聞いて頂いたら大きな鳥居を寄付致しますと言うてお
願いをしたんだそうです。
それから何年かたって、成功したらしいのです。

ところが、約束したはずの鳥居を寄付しなかったんです。
そうすると、後年ぼつぼつと運が悪くなって落ちてきたんです。
こういう話を未だに覚えてるということなんですが、これはもう人を騙したんじゃなく
て神様を騙したんですからね。

神様は怒ったというんじゃないんですけれどもね、因縁因果の業でしょうし、このまま
いくと余計に大きな不徳になりますから、これはもう元へ戻してやったほうが業が軽く
すみますので、この人にとってはいいのではないかというので戻したんだと、私はそう
解釈しますね。

兎に角、そういう困ったときにお稲荷さんに願をかけて、成功したら鳥居を建てると約
束をしてた鳥居を建てないで、それでまた没落する。

そういういろんな話がありますが、恩を仇で返すということからちょっとずれますけれ
ども、これは夕刊に出てたのですが、或る農家の人が時々鉄砲を撃ちに行くんですね。

農業と両方やってたのか分かりませんけど、兎に角鳥や獣を撃つ人があって、
そして山に入ると、木の上に猿が居て、その猿のお腹が大きかったそうなんです。

その猿を狙って鉄砲を向けたんですが、その猿が両手を合わせてこっちを向いて拝んだ
そうです。

ところが、その猿を撃ち殺したんです。