インターネット

週末起業をネットツールで加速させよう

epub版PDF版

タグ:
インターネット 

1ページ

会社を辞めずに、“お金をかけず”に起業するのが週末起業の流儀です。何かをやろうと思えば、お金がかかるのが世の中の常ではありますが、ネット上を探すと、無料で利用できるサービスがたくさんあるものです。週末起業家なら、それを賢く使いこなす知恵が必要であり、無料サービスの存在を知らなかったために、余計な出費をしてしまうというのは、あまり賢明とは言えません。そこで今回は、週末起業家なら使いこなしたい無料のサービスをご紹介していきます。

週末起業をネットツールで加速させよう1 / 1 ページ

● はじめに

 

会社を辞めずに、“お金をかけず”に起業するのが週末起業の流儀です。何かをやろうと思えば、お金がかかるのが世の中の常ではありますが、ネット上を探すと、無料で利用できるサービスがたくさんあるものです。週末起業家なら、それを賢く使いこなす知恵が必要であり、無料サービスの存在を知らなかったために、余計な出費をしてしまうというのは、あまり賢明とは言えません。そこで今回は、週末起業家なら使いこなしたい無料のサービスをご紹介していきます。

 

 

●無料サービスの探し方と注意点

 

無料サービスを知っているのと知らないのとでは、極端な話、「天国と地獄」ほどの差があると言えます。大げさでしょうか?もし、無料サービスの存在を知らず、どうしても有料になってしまうからという理由で、週末起業への取り組みに二の足を踏んでしまうようなことがあれば、それによる機会損失は極めて大きいです。投資すべきかどうか悩む前に、まずは無料のサービスが存在しないかどうか、調べてみるに限ります。

 

では、どうやって調べるのでしょうか? 簡単です。まずはネットで検索することで

す。欲しいと思うサービスの名称に「無料」という単語を付け加えて検索してみましょう。極めて簡単なことですが、ネットを使いこなし切れていない方は、「ネットで検索して調べる」という発想が、まだ身についていないことも多いです。無料サービスに限らず、わからないことがあれば、何はともあれネットで検索するとことを習慣にしておきましょう。

 

他の方法としては、口コミがあります。週末起業フォーラムの交流イベントなどで、既に週末起業で成果を上げている方に、「こういうことをやりたいんだけど、無料のってありますかね?」と尋ねてみるのも有効です。ネット検索ですと、特に慣れていない場合は、検索キーワードが不適切なために、上手にみつけられないことがありますし、良いサービスであっても、必ずしも検索で上位に来るとは限りません。また逆に、たくさんみつかり過ぎて、どれが良いのか、わからない、ということもあります。

 

そのような場合は、「無料のやつで、どれが一番いいですかねぇ?」と尋ねてみるとよいでしょう。無料サービスは、われわれ利用者にとってはありがたいことですが、「タダほど安いものはない」一方、「タダほど怖いものはない」と言われたりもします。無料で提供されているサービスには、それが無料である理由があるはずです。なぜ無料で成り立っているのか、考えてみる必要があります。無料サービスを提供しているサイトに、それが説明されていたりもしますので、しっかりチェックしておきたいところです。なぜ無料でサービスが提供されるのかについては、いくつかのパターンがありますので、それを挙げておきます。

 

(1)広告媒体となっている

 

いわゆる「広告モデル」というもので、たとえば無料でブログを開設すると、広告が勝手に挿入される、というものがあります。広告料収入を得るためのサービスですので、サービスそのものは無料で提供されます。週末起業家としては、広告が表示されることは、仕方がないものとして、受け入れるしかありません。また、サービスによっては(たとえばブログサービス等)、商用利用禁止を謳っていることもありますので、事前の確認は不可欠ですし、広告への誘導を目的にしているため、機能が制限されている場合もあります。

(2)より高額な商品のフロントエンドとなっている


無料のサービスを利用し、使い勝手がよければ、もっと高度な機能が欲しいと思う人は多いでしょう。最低限の機能は無料で提供しつつ、より高度な機能を有料で提供することを目的にしている場合があります。


(3)技術力のデモンストレーションとして行なっている


無料サービスを一般公開して認知度を高め、そのサービスを企業向けにカスタマイズして有料販売するというパターンがあります。いわゆるQAサイト(質疑応答サイト)等は、そのようなビジネスモデルで成り立っています。


(4)サポートの責任を負いたくない


趣味で作ったソフトウェアを無料で配布している場合、このパターンがみられます。週末起業でもそうですが、お金をいただいて商品・サービスを提供するとなると、当然、責任が伴います。その煩わしさを回避するために、有料化に踏み切らず、無料で提供を続けるわけです。無料で提供することで、世の中の役に立つことができればいい、あるいは自己顕示欲を少し満足させることができればいい、と考える方は、たくさんいらっしゃいます。


有料でのサービス提供に責任が伴うのなら、無料サービスは大丈夫なのか?という疑問も起こり得ます。週末起業家にとって非常に困るのは、途中でサービスが打ち切られてしまうことです。(1)の広告モデルを採用している場合は、広告主には有料でサービスを提供していますので、簡単に打ち切られることはないでしょう。運営会社の経営状況が悪化した場合は、別の会社に事業が譲渡されるケースが多いようです。


(2)(3)の場合も、確立されたビジネスモデルの中での無料提供ですから、基本的にはサービスの打ち切りを心配しなくてもよいのですが、ある日突如として、それまで無料としていたものを有料化するケースが、ないとは言えません。運営者側も、利用者のクレームは歓迎しませんので、あまり極端なことはしないと思いますが、可能性としてはあり得ますし、実例もあります。


(4)については、さらにその可能性は高いのですが、代替のソフトやサービスををみつけることで、大きな実害にはならないでしょう(そもそも、代替されにくい競争力の高いサービスであれば、運営が継続される確率は高いでしょう)。


このようなリスクについては、無料が有料化されるだけでなく、既に有料のサービスが一方的に値上げされることもありますので、ビジネスをする以上、避けられないことと受け入れるしかありません。週末起業家としては、リスクがあることを認識しつつ、有料化あるいは値上げされても大丈夫なように、自分のビジネスをしっかりと確立することに邁進した方がよいですね。

 


●インターネットツールの重要性について


週末起業家やフリーランスの独立起業家は、仕事を外部パートナーと分担しながら、協業するケースもとても多いものです。そのような時、効率よく仕事を進めていくために、ビジネスパートナーといかに足並みを揃えられるかが重要になります。ちょっとした決め事のために、外で打ち合わせしても非効率ですし、仕事が前に進みません。そこで「ネットツール」を活用するのです。


インターネットツールをお互い効率良く使いこなすことが出来れば、最小のリソースでもどんどんビジネスを加速することが出来ます。今回は3つの無料ツールをご紹介します。

 


●最強のコミュニケーションツール「facebook」


全世界で約10億人、国内でも約1,000万人のユーザーが利用しています。写真や動画をアップロードできるだけではなく、アプリやチャット、ビデオ通話などが使用でき、インターネットの新たなプラットフォームになりつつあります。そんなfacebookの一番の醍醐味は「コミュニケーション」です。


国内でSNSと言えば、長くmixiが君臨してきました。匿名が原則で、実写真を公開する必要が無いので、自分の存在を明かすことなく、他のユーザーと気軽にコミュニケーションを取れるのが魅力です。趣味や他愛も無い話であれば、相手が誰であろうと、あまり関係はありません。よって匿名であっても問題はありませんが、これがビジネスであればどうでしょう?


名前も写真も明かさない方とビジネスで関わりを持つのは不安では無いでしょうか?信頼感も持てないと思います。その点、facebookは「実名」「実写真」「実プロフ」が原則のため、コミュニケーションにおいても不安は解消され、信頼感を持つことも出来ます。

 

 

●facebookは「オンライン」上の「オフライン」


「実写真」、「実名」、「実プロフ」が原則のfacebookは言ってみればリアルの世界と同じです。異なる点は場所がインターネット上にあるだけです。そういう意味で「オンライン(インターネット)」上にある「オフライン(リアル)」と言えます。


ですので、一つ一つの投稿が全て「自分発信」としての意味を持つわけです。それがいくら他愛の無い投稿だとしても、読み手は「その人」を意識した上で情報を吸収していきます。またその感覚が無いとうまくコミュニケーションを取ることも難しいでしょう。


facebookをビジネスに活用されるのであれば、「実写真」、「実名」、「実プロフ」は特にこだわりましょう。


写真について


◇イメージ写真はご法度!
◇ぼやけた写真やプリクラ写真はむしろデメリット!
◇プロカメラマンに撮ってもらうとマル!


写真は自分の印象付けにおける重要なツールです。例えば、履歴書の写真を「バシッ」と決めると、印象が良く見えますよね?ではfacebookでも「バシッ」と決めてみましょう。ぼやけた写真(特にプリクラ)では印象も良くありません。


特に女性の方は写真を決めるだけで、反応がまったく違います。出来れば、プロカメラマンに「決め」の1枚を撮っていただくことをオススメします。

名前について


◇本名が原則!
◇場合によってはビジネスネーム


facebookの規定だと、あくまで本名での公開が原則となります。ただ、どうしても本名を使いたくないという方もいらっしゃると思います。そのような方はかなりグレーゾーンではありますが、ビジネスネームでの公開という手段もやむをえないかもしれません。ただ、本名では無いため、最悪アカウント停止というリスクもあるという覚悟は必要です。


プロフィールについて


◇自分を最大限にアピールしよう!
◇自分の強みとなるキーワードを最低3つ盛り込もう!
◇ストーリーを持たせると親近感が沸く!


プロフィールの良し悪しがfacebookでのビジネスのカギを握るといっても過言ではありません。前述の通り、自社のコアコンピタンスや強みをいかにfacebookで表現できるかが重要です。そこがうまくいかないと、リアル上でのビジネスでも同じ結果になるのではないでしょうか。また、自分の生い立ちをストーリーとして表現すると、より親近感が沸きます。自分の体験談や失敗談を取り入れながら、「そういう過去があって、今の自分がある」という流れにすれば、入りやすいでしょう。

 

 

●「facebookグループ」で簡易グループウェア化


「facebookグループ」とは特定のfacebook友達と投稿や写真などのコンテンツ共有に加え、グループチャットを行うことが出来ます。管理人以外は友達を増やすことが出来ないため、関係のある人同士でのコミュニケーションが取れます。そういう意味ではグループウェアとしても適しています。


他にもfacebookにはいろいろな機能がありますが全ての機能を使いこなす必要はありません。ご自身でカスタマイズしていきながら、最も適した方法を見出せばさらにビジネスが加速していくはずです。

 


●最強の共有ツール「google」


最強のコミュニケーションツールが「facebook」ならば、最強の共有ツールは「google」といえるでしょう。週末起業家は、主にドキュメントファイルの共有(googleドキュメント)とスケジュールの共有(googleカレンダー)を使用すると便利です。ここではこの2点をご紹介します。

◇googleドキュメント


googleドキュメントはgmailに添付されたドキュメントファイル(doc、xls、ppt...)をオンライン上で保存、編集することが出来ます。かつ、特定のユーザーに対し、ファイルの共有機能がついているため、共同で作業をすることも出来ます。そのため、いつでもどこでも場所、ハード(閲覧機器)を問わず実行できるところが魅力です。

http://www.google.com/google-d-s/hpp/hpp_ja_jp.html

 

◇googleカレンダー

 

googleカレンダーはカレンダー毎に色分け表示ができ、スケジュールの編集や日時の移動も簡単に出来ます。しかも、特定のユーザーでカレンダーを共有、編集といった管理を行えることが出来ます。googleドキュメント同様、場所、ハードは問いません。

http://support.google.com/calendar/bin/answer.py?hl=ja&answer=37082

 

 

●最強のファイル保管ツール「Dropbox」

 

Dropbox はドキュメントファイル、写真、ビデオなどがどこからでもアクセスできるようにできるオンラインサービスです。Dropbox のフォルダに保存したファイルは自動的に他のコンピュータ、携帯端末、さらに Dropbox Web サイトにも保存されます。


このほかにも Dropbox には特定のユーザーと手軽にファイルの共有を行うための機能があります。Dropbox にはいつでもバックアップが保管されているので、大事なデータを失う恐れはありません。


いかがでしたでしょうか。「お金をかけずに起業する」のは週末起業の“原点”とも言えます。賢くビジネスを立ち上げ、運営していくノウハウを、今後も一生懸命に追求していきたいと思います。今後ともよろしくお願いします。


週末起業フォーラム (株式会社アンテレクト)


〒103-0022
東京都中央区日本橋室町1-5-3 福島ビル 2F
Tel.03-6265-1575 【平日10:00~18:00】
Fax.03-6265-1581
http://www.shumatsu.net/

著書情報

本のタイトル

他の著作