自然科学&技術

http://www.cdenchi.com

epub版PDF版

タグ:
自然科学&技術 

5ページ

cdenchi.com はバッテリーを激安にセールしております。当サイトはなラップトップバッテリー、ノートPCバッテリー、ノートアダプター、パワーツール充電池ー。当社はDell、IBM、Compaq、HP、Apple、Sony、Toshiba、Acer、 Fujitsu、Samsung、Asus、Lenovo 、 LG 、 Kohjinsha 、 Gateway有名なブランドの製品に対応、。お客様に信頼できるラップトップバッテリー、当100%にバッテリーを互換できることを保証致します。全部の商品は2年間の保証期間付きます。

cdenchi.com はお客様にもっといいショッピング体験を持って来て、バッテリーの選択が難 しくないになってきます。

cdenchi.com は一番カスタマーサービスを提供いたします。お客様が30日の満足保証期間を持ちなさいます。当社はお客様に一番いいバッテリー と100% 満足度のカスタマーサービスを提供いたします。たゆみない進歩、カスタマーロイヤルティ、合理な価格、迅速な配送、いいサービス等は当社の成功の基礎にな ります。要するに、お客様の満足は当社の一番重要な目的と目標です

Asus A32-X64 バッテリー1 / 5 ページ

 

また、O!Play Mini Plusの便利なところは、PC側にインストールした「O!Direct PC Utility」を使うことで、リモコン操作をせずとも再生ファイルを選択できる点だ。つまり、リモコンを使わずとも操作できるわけで、さらに言えば、PC上でサムネイル表示やステータスバー上の情報などからある程度ファイルの内容を把握、あるいはプレビューによって内容を確認した上で、O!Play Mini Plusで再生させることができる。 さて、今ドキのメディアプレイヤーならではといえるのがスマートフォンとの連携機能。具体的にはAndroidデバイス、iOSデバイス内のファイルを直接再生できる機能だ。

O!Play Mini Plusにはカードリーダーも搭載されているので、アダプタ経由で本体に挿せば良い、と思うかもしれないが、スマートフォンの多くはそう簡単にメモリカードを着脱することができない。電源を落とし、カバーを外し、バッテリーを外し……といった手間を考えると、ダイレクトに映し出せるO!MediaShareはかなりラク。

そんなメディアプレーヤーだが、今回紹介するのは、PCパーツやノートPC、さらにはNexus 7でもお馴染みのASUSTeKの製品「O!Play Mini Plus」。

O!MediaShareからFacebookのアルバムにアクセスし、そこの写真をO!Play Mini Plusへと送出することもできるまた、スマートフォンならではと言えるのが、他のサービスとの連携だ。O!MediaShareからFacebookのアルバムに接続し、それを本体から再生する、といったことができる。O!MediaShareのチャンネルにはFacebookの他にもYoutubeなどの動画サイト、Picasaのような写真共有サービスも登録されており、これらのコンテンツもO!Play Mini Plusで再生可能だ。 タッチ操作に対応したWindows 8の登場以来、様々なフォームファクターをもつPCが登場している。今までそのような機種はノートPCばかりだったが、ついにデスクトップPCにもその波が訪れた。ASUS『TransAiO P1801』はディスプレイが外れ、独立してWindows 8タブレットとして使うことができるオール・イン・パソコンなのだ。このタブレット、実はAndroidタブレットなのだが、Wi-Fiを使ったリモートデスクトップ機能によって、ベースステーションとなるWindows 8にアクセスし動かしている。

おおむね10,000円ちょっとで販売されているこの製品だが、「ただの箱」なデザインではなく、テレビの横に置いても違和感がない、といった点も同社らしい。また、最近発売された製品ならではの機能として、スマートフォンやSNSとの連携もでき、そうした点でも新鮮だ。ルータがDHCPに対応していない場合は、本体設定メニューからIPアドレスを指定する必要がある。無線LANであれば、アドホック接続にも対応している。PC内のメディアデータを再生するには、まずPC側に共有フォルダを作成し、そこにデータを置く。

そのため、タブレット部分はベースステーションと同じネットワークに接続している必要がある。つまりはオフィスの中とか、自宅の中などの近距離であれば、タブレットを持ち運んで使うことができるというわけだ。ベースステーションは有線LANにも対応しているため、無線LANの帯域を浪費しないようできるだけ有線LANで接続するのがおすすめだろう。前述のように、このタブレットはAndroidのタブレットなので、Wi-Fiが届かないような場所でも大画面タブレットとして活用することができる。

ちなみに、タブレット部分のディスプレイサイズは18.4インチ。パーソナルユースのPCとしては、十分使えるサイズだ。CPUはベースステーションが高速のインテルCore i7、タブレット部分はよくタブレットで使われるnVidiaのTegra 3。価格はオープン価格だが実売価格は16万円弱。『iMac』などと比較すると少し割高な気がしないでもない。テックウインドは4月25日、Intel/ASUS製品のPRを行うイベント「インテルとASUS のゴールデンウィーク」を発表した。場所は東京・秋葉原の「ソフマップリユース館1階」。日時は2013年4月28日(13~14時、15~16時の2回開催)だ。

Asus A32-N50 バッテリー http://www.cdenchi.com/asus-a32-n50.html

   Asus A32-K52 バッテリー  http://www.cdenchi.com/asus-a32-k52.html 

 Asus A32-X64 バッテリー http://www.cdenchi.com/asus-a32-x64.html

DLNAにも対応しているので、PlayStation3などのゲーム機や、HDDレコーダーとも連動できる。ほか、インストールDVDに収録された専用ソフト「O!Direct PC Utility」をPC側にインストールしておくとさらに便利に利用できる。再生可能なファイル形式は、まずビデオがMPEG1/2/4、RM、VC-1、H.264。AVIやMPGはもちろん、MP4やFLV、WMV、MKV、M2TS、VOB、ISOなどのファイル形式をサポートしている。

メディアプレーヤーは、Asus バッテリー その名の通りPC内の動画、静止画、音楽といったメディアデータを、テレビなどに表示して楽しめるSTB(セットトップボックス)だ。

秋葉原でも時折見かける製品だが、いざ興味を持って探してみても、中韓メーカー製が大半で、「日本語表記は?」「製品サポートは?」といった点がよく分からず、一般の方からすると手を出しづらいといった印象もあるのではないだろうか。

よく考えれば、ASUSTeKは、PC製品やAndroid製品などでボードの開発もソフトウェア開発も行なっており、十分なノウハウがあるわけだ。UIデザインも同様、安価な製品のように中途半端に終わっているなんてことは無い。そして、ファームウェアのアップデートもおよそ3ヶ月に1回のペースで、バグフィックスや機能拡張が行われており。そのアップデート作業も、それこそマザーボードのBIOSアップデートのように、オンラインやUSBメモリによって行えるので、難しさを感じない。こうした点は、メディアプレーヤーを選ぶ上で、重要なポイントになると思う。

画像はJPEG、BMP、PNG、GIF、TIFF、オーディオはMP3、WAV、AAC、OGG、FLAC、AIFFなど。AC3やDTS、True HDなどにも対応している。こうした対応フォーマットを見ても、現在のメディアプレーヤーとしての基本機能を備えていると言える。操作の基本はリモコンだ。比較的高性能なCPUを使っているのか、メニューの表示レスポンスはひと世代前の怪しげなメーカーのものよりだいぶ速く、UIも整理されていて分かりやすい。

この機能を利用する場合は、「O!MediaShare」というアプリを、Android用、iOS用の各ストアからダウンロードし、各デバイスにインストールしておく。そして無線LANルータやアクセスポイントなどを通じて、モバイルデバイスが家庭内のネットワークに参加していれば、各デバイスから選んだメディアファイルをO!Play Mini Plusから再生できる。ファイル転送不要、というメリットに加え、ファイル選択も手っ取り早いというメリットがある。セットトップボックス全体に言えることだが、SDカードへのアクセス速度が遅いため、サムネイルが作成されるまでにけっこうな待ち時間が発生する。

その点、PCやスマートフォンではサムネイルもサクサク作成される。また、いくらレスポンスのよいO!Play Mini Plusと言えども、リモコン操作とPCのマウス、スマートフォンのタッチ操作を比べてしまうと、後者の方がダンゼン早い。スライドショー用の複数ファイル選択などをリモコンで操作しようとすると、イライラ度がすぐにMAXに達してしまうだろう。PCやスマートフォンなどをリモコンとして活用することで、O!Play Mini Plusはかなり快適なメディアプレーヤーへと変身する。

 

著書情報

他の著作